AI 人工知能の事を学ぶ方法

2022年12月17日土曜日

AI

t f B! P L


AI 人工知能 の話題は、最近徐々に増えてきていますね。

AIの存在を最初に知ったのは、将棋の藤井 聡太 氏 がAI将棋で学んだ世代で、圧倒的な強さで勝ち進んでいるニュースを聞いた時です。

逆に、それまで活躍していた羽生 善治 氏などが苦戦を強いられることに。

AIを利用することで、飛躍的に個人のスキルを身につけることをまじまじと見せつけられました。

最近では、AIを活用した学習コンテンツも増えてきています。

対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】 
小学生、中学生、高校生向けオンライン教育サービスで小学生、中学生、高校生向けオンライン教育サービスです。オンラインならではの最先端AIドリル機能搭載。 子どもの学習に応じて自動的に難易度をコントロール、つまずきの原因を特定し学び直す問題を出題。自宅で1人でも質問いらずで進められます。


メタバース関連のテクノロジー、例えばNFT、Web3などは、なくても困らないけど、AIは経験曲線を短期間で向上させてくれるので、実務性が高いと思うわけです。

では、実際AIは世の中的にはどの程度進んだテクノロジーなのでしょうか?


ガートナーの毎年の技術トレンドを図示化したハイプサイクルで確認することがおすすめです。

出典:Gartner (2022年9月)

人工知能 (AI) 自動化の加速:AIは、プロダクト、サービス、ソリューションに欠かせない要素として拡大していますが、開発の側面では、AIモデルの開発、トレーニング、デプロイの自動化と、そこで適用可能な専門AIモデルの作成が加速しています。AI自動化に関するテクノロジは、AI開発における人間の役割に改めて目を向けさせることになり、結果として、予測/意思決定の精度向上や、期待される成果実現までの時間短縮をもたらします。

AI自動化の加速をサポートするテクノロジは、オートノミック・システム、コーザルAI、ファウンデーション・モデル、ジェネレーティブ・デザインAI、機械学習コード生成です。


人工知能は、やはり他のテクノロジーと比べると一歩先の啓発期に入ってますね。

従って、今後、AIのビジネスを検討されるにおいては、誰よりも先に手をつけることが重要となるわけです。


AIの学び方は?

まずは、AIの概要を書籍などで学びましょう。


AI技術の最前線 これからのAIを読み解く先端技術73







このブログを検索

ブログ アーカイブ

rakutenとtwitter

にほんブログ村

QooQ