2009年7月21日火曜日

「日本人の国民性調査」結果が発表されました

悲観的な結果となりました。昔の良き時代はいったいどこにいってしまったのだろうか。

図1 日本の社会経済状況に関する悲観的な評価
図1:日本の社会経済状況に関する悲観的な評価


図2 社会の将来を悲観的に展望する意見の推移

図2:社会の将来を悲観的に展望する意見の推移

"ひとびとは不幸になる”という悲観的な将来展望を1/4程度の人は持ち続け、過去10年減少傾向だとはいえ、未だ5割を超える人が"ひとびとの健康面は悪くなる”と予想している


詳細はこちらへ!

0 件のコメント: