2009年6月21日日曜日

FX[外国為替証拠金取引]で規制強化を金融庁が検討中。「証拠金倍率」の上限を現在の無制限から段階的に25倍まで引き下げる

ほっとなニュースが入ってきました。FX[外国為替証拠金取引]で規制強化を金融庁が検討中。「証拠金倍率」の上限を現在の無制限から段階的に25倍まで引き下げるとのこと。これは、あまりよろしくない規制です。基本的に投資は自己責任なので、規制により制限をかけることは好ましくはないです。

矢野経済研究所が5月に個人投資家約2700人を対象に調査したところ、91%の投資家が「20〜30倍」への規制に反対。実施されたら「FXをやめる」という投資家は22%に上り、「倍率が低いと資産のある人しか取引できない」などの声が寄せられた。

FX取引では、例えば10万円の証拠金を預けると、倍率が25倍なら250万円、500倍なら5千万円の取引ができる。倍率が高いと損失も大きくなり、証拠金は瞬時に吹き飛ぶ。損失が証拠金の一定額に達すると、強制的に取引を解除し損失を確定させる「ロスカット」の仕組みが設けられているが、追加の証拠金を差し入れ、損失がどんどん膨らむこともある。

まあ、ワイも大きく得した事も、大損した事もある訳ですが、自己で管理するのが妥当でしょう!
yano



0 件のコメント: