2015年7月11日土曜日

FX(外国為替証拠金取引)における損切の重要性

2ヶ月ほど前から、FX(外国為替証拠金取引)を本格的に始めています。毎月の収支は黒字であるものの、大きく稼ぐことが限られていて、少し分析したいと思います。

私自身がルール化しているのは、以下の通りです。

損失は最小限に
 過去の私の取引を分析すると、いわゆる市場が荒れている時期に儲かるはずと勝手に思い込み取引量を増やす傾向に。そして損失がどんどん膨らんでしまっていました。1日の損失に上限を設定してそれを越えたら取引をしない勇気が大切だと思います。経済動向と為替変動には相関性があるとは思いますが常にそのように動くことはないことを認識すべきです。
 同じ傾向や反発する傾向と予測して取引した際に、逆の方向に進んだ場合、ある一定量で取引を取りやめること、何度もおなじ失敗を発生させないことが大切です。

利益を最大化するために
 ついついたくさん儲かっているとさらに儲かると思って投資金額を増やしてしまい、利益がショートしてしまうもの。1日の利益を確実に確保するため、一定の利益を獲得したら、それを下回るくらいの損失になる前に止めることをルールにしています。

取引金額・量について
 取引金額・量は常に一定にしておくことが大事です。これは儲かるとおもって取引金額・量を増やすと当然失敗すれば損失が大きくなってしまいます。わたしは大きく投資しないように口座に保管する金額を常に一定にしています。


※ なお、投資は自己責任において実施してください。こちらに記載されているのは私がルールとして定めている者です。

0 件のコメント: