2015年2月11日水曜日

ANA 2015年4月以降の燃油特別付加運賃、いわゆるサーチャージを公表。ここ2年で一番安い。円安だけど、行きますか?海外旅行!

ANA 2015年4月以降の燃油特別付加運賃、いわゆるサーチャージが公表されました。

過去2年間のサーチャージをまとめてみました。


路線 運賃(片道)[円]
2013年
4月〜
2013年
8月〜
2013年
12月〜
2014年
4月〜
2014年
10月〜
2015年
2月〜
2015年
4月〜
日本〜欧州・北米(ハワイ除く)・中東・オセアニア
23500
21000
23500
25000
21000
14000
10500
日本〜ハワイ・インド・インドネシア
15000
13500
15000
16000
13500
8500
6000
日本〜タイ・シンガポール・ミャンマー
11500
10500
11500
13000
10500
6500
4500
日本〜ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン
7000
6500
7000
8000
6500
4000
3000
日本〜中国・香港・台湾・マカオ
6000
5500
6000
7000
5500
3500
2500
日本〜韓国
2200
2000
2200
2500
2000
1000
500
※ 北米:  ニューヨーク、シカゴ、ワシントン、バンクーバー、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコなど
※ 欧州: ロンドン、パリ、フランクフルトなど

航空機を買うときに安い!と思っても、サーチャージが加わるととんでもない金額になってがっくりした経験は誰もがあるのではないでしょうか?上記は片道なので、往復ですと2倍も。ところが、原油価格が下がってきているので、2年間でみると、今がとてもお得な価格となっています。

円安ですので現地滞在費用は高くなりがちですが航空機の燃油料金がさがっているので、とんとんですかね。みなさんの海外旅行計画の参考にしてください。

ちなみにわたしは3月に海外旅行へ行くことにしました。

0 件のコメント: