2015年1月25日日曜日

節約 通信費 スマホ 見直し LTEフラット、テザリング キャンペーン終了による通信費用増にどのように対応すべきか?

iPhone5の契約から2年が経過。Androidに機種変を行いました。

ふと明細を確認すると、通信費用が増えていることに気づく。
ちょうどLTEフラットサービスがはじまった時期だったのでキャンペーンだったLTEフラットキャンペーンが終了500円増に。テザリングオプションもキャンペーン期間が終了500円増。スマパス契約で401円増。毎月割の値引き幅が増えたもの年間の負担は16,000円も増えることに

料金をどのように見直すべきか? 私の場合は電話きほんバックの機能をほとんど利用しておらず留守電はAndroid端末で代用できたので電話きほんバックを解約。300円節約。テザリングもほとんど利用していないので解約。500円の節約としました。それでも年間負担は6,000円増にとどまる。

次の一手としてはデータ通信の解約。効果は年間27,000円減。携帯電話会社のメールアドレスはもはや利用していないので携帯電話メールアドレスがなくなっても困らない。ただ、端末単独でデータ通信できない不便さがあるので一歩踏み切れない。

携帯電話は2年毎に機種変更をされると思いますが、一度通信費用の見直しをしてみると、実は節約できるポイントが見えてくるかもしれませんよ。

0 件のコメント: