2015年1月25日日曜日

節約 食費の見直し 食費の家計簿の項目を変更することで削減に成功

支出の見直し。見える化して不要なコストを削減。

の記事の通り、昨年は確実に家計簿を書くことを目標に取り組んできましたが、今年は具体的な削減に取り組んでいます。

食費の見直し 食費の家計簿の項目を変更することで削減に成功しました。

去年の食費の項目
去年の食費の区分は「どこで購入したのか」、「どの目的で購入したのか」、「何を購入したのか」、の3区分ばらばらに記載していたので、具体的な削減のアクションにつなげることができませんでした。

ことしはどの目的で何を購入したのか、の切り口で以下の通りの項目にしています。


こうすることで何を次にしなければならないのかが見えてきます。上記ですと、一人で食事しているのにもかかわらず自炊をしていない実態が浮かび上がってきますので、来月はより自宅でつくることを心がけることができます。

見える化時に次のアクションにつながるように項目分けすることも大切です。

0 件のコメント: