2014年12月26日金曜日

食費の節約 世間一般的な1ヶ月の平均的な食費とは?総務省データでは二人以上 7万円 単身/一人暮らし 4万円

2014年ものこりわずか。来年に向けて目標をつくっています。資産管理、家計簿ツールの決定版!マネーフォワード で1年間見える化に取り組んだ甲斐があり、
何に一番お金をつかっているかがわかってきました。

これはある月のコスト。グラフで表示されるとわかりやすいですね。

去年、とてもお金をつかっていたのは、家電海外旅行、そして食費でした。

その中で来年は食費の節約に手をつけることに。1ヶ月の食費が1人で10万円-20万円と、かなりの使いすぎを反省。来年は節約を心がけることにしました。

世間で1ヶ月の食費はいくらくらいなのでしょうか?

総務省の統計情報から調べてみました。

家計調査報告(家計収支編)がわかりやすいです。

2014/7-9までの消費動向になります。

これによると、
総世帯(※)  6万円/月
二人以上の世帯 7万円/月
単身世帯    4万円/月
※ 「二人以上の世帯」と「単身世帯」を合わせた世帯

わたしの食費は比較するとかなり使いすぎていることがわかります。

あまりの使いすぎと気づき、少し控えめに過ごした11月でも以下の通り9万円。


食費 合計
87,492円
25.6%
自分でコントロール可能な食費
スーパー_食料品
8,338円
2.4%
スーパー_弁当菓子
678円
0.2%
コンビニ_弁当菓子
3,536円
1.0%
その他_デリバリ
3,133円
0.9%
その他_弁当
500円
0.1%
各種酒類
8,966円
2.6%
缶PET飲み物
200円
0.1%
一人外食_食事
3,890円
1.1%
一人外食_カフェ
1,600円
0.5%
一人外食_飲み
2,530円
0.7%
自分でコントロールできない食費
健康食品_自宅
13,462円
3.9%
複数人外食_食事
5,939円
1.7%
複数人外食_飲み
34,720円
10.1%

来年に向けて
1. 自分でコントロール可能な食費は3万円。一人外食を切り詰めて加工品を避けて自炊を心がけることで、目標は1万円/月に節約。

2. 自分でコントロールできない食費についても、数を削減して5万円から4万円に。

結果、計 5万円/月の食費を目指したいと思います。

世の中ではアベノミクスでついつい財布のひもが緩くなりがちですが、毎月の必要経費を極力削減してその分を自分の趣味や楽しみに利用したいものです。

次回は加工品を避けて自炊をするために、業務スーパーの活用についてまとめたいと思います。

0 件のコメント: