2014年6月28日土曜日

目標を達成するためには辛いと感じずワクワクとする感情に勝因があった!未来記憶 池田 貴将

とっても簡単に読めるのですが、なるほどなるほど、と入り込んでしまったのが、未来記憶です。

仕事をしていると、目標を立ててそれを達成するために最大限の努力を行います。しかしながらその途中には越えなければならない山々があり、毎回辛い、辛いと思ったり、なんでこんなことをやらなければならないと感じたり、うまくいかない状況であればあるほど、ネガティブな感情のループに入り込んでしまいます。

私の場合、そのような際は周囲のサポート、支援により復活することが多いのですが、
今後はこの書籍にある、未来記憶による考え方も参考にしたい、と思えるようになりました。

自分の目標にふさわしい未来記憶を作ることによって、なりたい自分になれるとのことです。やりたくないことでも、未来記憶を上手くデザインすることでやりたいことに変える方法や越えられなさそうな山をどのようにして超えるように感情を持っていくのか、などの方法論が記載されています。