2014年5月25日日曜日

ダイエットは見える化が重要性 毎日体重、カロリー、運動を見える化して健康的に。 withings Smart Body Analyser

年を取ると太りがちになるもの。なかなかやせようと思ってもやせられません。

渡邉美樹 元ワタミ社長は痩せてますよね。痩せてる秘訣は毎日体重計に載って1kg太ったら1kg痩せるを気をつけているそうです。やはり日々の見える化と実行が最大の効果が発揮できると思います。

私もITの力を取り入れて、毎日体重をつけるようにしています。また、食事のカロリー登録、運動の消費カロリーも日々記録するようにしています。




その結果徐々にではありますがやせる傾向になっています。身長175cmなので、目標は65kgとしています。後残り6kgですね

では私のやり方をご紹介します。

毎日体重をつけるのですが、ただ体重や体脂肪が表示されるだけでは何となく覚えているだけとなってしまいます。従い、乗っただけでそのままクラウドでデータが管理される方が利便性が高いと思います。

私が利用しているのは、Covia Withings Smart Body Analyzer ネットワーク対応 体重計 ( Bluetooth Wi-Fi 機能 / 超薄型 / BMI 体脂肪 心拍数 測定可 / ブラック ) WS-50です。

家のWi-Fiと接続しておけば、あとは乗るだけで計測され、自動的にサーバに記録されます。体重の他、心拍数、体脂肪、なぜかCo2の情報も。

Withingsは他のアプリと連携ができるので、myfitnesspalで食事の情報を登録して、RunKeeperでエクササイズ情報を記入しています。

その他、Withingsはクラウドで管理する幅広製品を取り扱っていますので、ご自身の利用用途にあわせてご活用してみてはいかがでしょうか?