2014年5月14日水曜日

ローソンと三越伊勢丹ホールディングスが高級スーパー「成城石井」の買収を検討 スーパーのマーケティングPEST 3C STP 4P分析

ニュースでローソンと三越伊勢丹ホールディングスが高級スーパー「成城石井」の買収を検討という記事がありました。

成城石井のスーパーの事を調べてみますと、結構Wikipediaに細かくかかれていますが、当初は、高級スーパーマーケットのカテゴリーに属していたが、レックス・ホールディングスの傘下になってからは、一般的なスーパーマーケットとしての経営方針に転換したとなっています。1927年に創業して、2004年にレインズインターナショナル(現レックス・ホールディングス)が経営権を取得、拡大路線に。2011年に丸の内キャピタル株式会社に経営権を譲渡、となっていて、さまざまな企業に買収され、その企業の方針の中で成長を続けてきています。

成城の名前からも感じられるように高級志向層をターゲットとしたスーパーです。

PEST分析
P 円高
E 貧富の差が大きく。
S 安心安全、ちょっといいものがブームに
T スーパーの維持コストが安価に

3C分析
Company   成城ブランドによる高級イメージと高級商材
Customer   高所得層は安心安全、プチ贅沢に価値を感じるように。
Competitor 安売り

STP分析

ローソンはスーパーの市場へと拡大、三越伊勢丹は百貨店と既存スーパーの間の市場を狙い拡大を狙っているのでしょうね。