2014年5月7日水曜日

オフィスのカフェ化の効果について ワールドビジネスサテライト情報 ローソン 新生PI

昨日のワールドビジネスサテライトにおいては、オフィスのカフェ化の効果について特集していました。

ローソン 新生PI共にコミュニケーションを取る時間を多くすることで、アイデアや創造力を強化し、迅速な商品開発、意思決定のスピードアップの効果を狙っているとのことです。

具体的には、会議室を廃止し、オープンなスペースに打ち合わせスペースを設置したり、壁を透明にして、誰がどこにいるのかをわかるようなレイアウトにするなど、工夫をこらしています。

近年、物事をこなすことにおいては、価値を高めることが困難で、斬新な発想・創造力から新しい価値を生み出すことの重要性が高まっており、これを実現するためには、個々が黙々と仕事をするのではなく、多様な社員がコミュニケーションをとり相互のアイデアを発展させることで、より良い商品を作っていくことができるのだと考えています。


0 件のコメント: