2014年5月17日土曜日

総務省から2013年度の家計調査報告(貯蓄・負債編)が発表。なんと平均世帯貯蓄は1739万円。分布、平均貯蓄内容も解説。

総務省から2013年度の家計調査報告(貯蓄・負債編)が発表されました。


なんと平均世帯貯蓄は1739万円。前年に比べ81万円,4.9%の増加となっています。みなさん、貯金しているんですね。平均と比べて貯蓄してますか?

ちなにみ、分布はこちら。貯蓄現在高が最も少ない100万円未満の階級が,二人以上の世帯に占める割合は10.0%となっており,前年(10.6%)に比べ0.6ポイントの低下となっています。


どのように貯蓄しているのか?株高も影響しているようです。アベノミクス効果でしょうか?

 

貯蓄現在高が3000万円以上の世帯の有価証券の割合は約2割。当然、株が下がったら、資産も下がりますが、いまのこの株高だと、株を持っていた人は資産を増やした、ということになるのでしょう。


あと、家計簿を付けていない人は、まず資産管理ツールのマネーフォワード(無料) などを利用して、お金の出入りを確認するのが良いと思います。