2014年2月8日土曜日

社会貢献もビジネスの循環の中になければ継続しない パン・アキモトのパンの缶詰:救缶鳥プロジェクト:カンブリア宮殿

みなさん、こんにちは、

 最近はご無沙汰していました。 

また、日々気づいたことを書き続けていきたいとおもいます。 

本日は今週のカンブリア宮殿から パン・アキモトの救缶鳥プロジェクト



パン・アキモトは非常用の缶詰パンを製造/販売しています。



画期的なのは非常食にもかかわらず美味しさをそこなわない缶詰のパンだけでなく、非常食は通常期限が切れて破棄されてしまいますが、期限切れ1年前に新しい非常食パンを100円割引で販売するかわりに無料で古いパンを受取、被災地や食事に困っている人々に向けに配布している点です。ビジネスと社会貢献を両立させている点に、共感をもちました。永続的な社会貢献はビジネスとしても成功しないと継続できないと、つくづく感じたところです。


0 件のコメント: