2012年7月24日火曜日

[TED]リチャード・ウィルキンソン 社会の平均的な幸福度は国内生産高や経済成長には依存していない。格差に依存している:Eテレ:スーパープレゼンテーション

今週のEテレ:スーパープレゼンテーションはリチャード・ウィルキンソン「いかに経済格差が社会に支障をきたすか」です。格差が広がりすぎると健康や寿命、さらには信用のような非常に基本的な価値観などに対する実質的な影響が悪化すると主張しています。




リチャード・ウィルキンソン氏は自身が集めたデータだけでなく、さまざまな公的データから経済格差と健康や寿命、さらには信用のような非常に基本的な価値観などに対する実質的な影響との相関関係についてまとめています。

この結果から、格差の大きいアメリカなどでは父親の収入がそのまま子供の環境要因に影響することがいえます。

格差と影響の関係が異なっている場合は政府が意図的に何らかの対策を実行している場合と考えられます。例えば健康については所得格差の大きいスウェーデンと所得格差の低い日本が拮抗しています。この背景にはスウェーデンでは 課税や社会保障制度 そして寛大な福祉などで 格差を小さくしており、日本は税込み所得の格差がずっと小さいので税金が低く社会保障は少なめです。

(感想)
格差と社会的指標には相関性があり、またその相関性と異なる結果の場合には、政府による支援等が影響している可能性がある、という新たな視点を認識できました。国と何らかの指標を比べる際、GDPを利用しがちですが、格差で見てみると新しい発見があるかもしれません。

このプレゼンの良いところは論拠の正当性を示すため自身で集めたデータだけでなく公的機関のデータを活用して説明している点です。これにより説得力が高まります。また格差と社会的指標に相関関係の無い現象について因果関係を分析している点で、より自身の理論の正当性が高まっています。

0 件のコメント: