2012年7月11日水曜日

シャープ、米デル等3社へ158億円支払いで和解 日本・台湾・韓国 液晶パネルの価格カルテル

日本・台湾・韓国、液晶パネルの価格カルテルに関係し、シャープ、米デル等3社へ158億円支払いで和解という記事が。そもそもカルテルとは不当な販売制限を行うことです。語源はドイツ語のようです。

各新聞などの記事では、和解の内容のみが伝えられていますが、この事実から理解しなければならないのは、カルテルが発覚し、これが認定された場合、各国の法律にのっとり、罰則・罰金を受ける他、その後該当商品を購入していた企業から不当に価格をつり上げられていたとして直接訴訟を起こされるリスクがある点です。

こちらのホームページに国際カルテルと、その訴訟状況がかかれています。今後もカルテルが認定された場合、購入企業からの訴訟などでさらなる負担が発生するリスクがあることが理解できますね。

0 件のコメント: