2012年6月27日水曜日

MBA Expo 2012 パネルディスカッション 名古屋商科大学 立教大学 一橋大学 慶応義塾大学

MBA Expo 2012でパネルディスカッションがありました。

印象に残っている点をずらずらと備忘録で箇条書きします。

- MBAは for knowledgeよりむしろ for think、つまり正しく自分で考えるツールを提供する
- MBAのターゲットは担当者を育成することではない。全体丸ごとを理解して判断するリーダーを育成する。
- MBAは異なる分野・背景の人と切磋琢磨することで自分を理解し、自分らしくふるまえるようになること
 Get out of your comfort zone. Theory通り動かないことを経験してどうしたら良いかを考える
- 無意識で行動していたことが理論的に説明できるようになる。
- 疑うことに日本人はなれていない。疑うことで本質を見抜けるように
- 良いリーダーには普遍的なものがある。これは万国共通。各国で異なるリーダー像のように感じるのは、それは各国の悪いリーダーを比較しているだけ
- 批判するのではなく、自分で何かを考えて行動するようになる。結果人の短所ではなく長所を発見できるようになる。
- リーダーの条件を言葉にすると人がついてくる、全体をうごかせる、結果がだせる、であるがこれを実現するには経験して自分自身で気づいていくしかない。

0 件のコメント: