2012年6月22日金曜日

突破する力 猪瀬 直樹 ギリギリまで自分を追い込めば仕事力が磨かれて、それが閉塞状況を打ち破る武器になる

猪瀬 直樹氏は作家ですが、私にとっては作家という印象よりもむしろ政治家の印象が強い。猪瀬 直樹氏の現状の常識にとらわれない世間の“壁”を突き破ってきた手法について学びたいと思い、突破する力 (青春新書インテリジェンス)を読みました。

さまざまな彼の行動へ進める為の考え方がかかれているのですが、今回はそこから私の記憶に残ったフレーズを書き出してみました。

「一本道の思考で行き詰まるのが当たり前。むしろ勝負はそこから。絶体絶命だと思ったところからが本当の仕事のスタートなのです。」

「反対されればされるほど提案する価値がある」

「どんな優秀な人でもミスを犯す。実力が問われるのはその後の対応。ただ『すみません』を繰り返すのは三流。セカンドベストでその場をしのぐのは二流。全体を見渡して最善策を講じるのが一流」

「なんとかなるさと思う心のゆとりが成功を呼ぶ」

「未体験の現象にであったとき、ノーではなくまずイエスから入る」

0 件のコメント: