2012年5月16日水曜日

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(原題:The Iron Lady) どんな人にでも人生浮き沈みがあります

昨日朝、iTuneでThe Iron Ladyをレンタルして久々に映画をみました。 



印象的だったのは、「食器を洗って一生を終えるつもりはない」、これは夫デニス・サッチャーがプロポーズした際にマーガレットサッチャーが語ったこと。実際にこのように語ったかは別として、彼女の意思は若い頃から固かったこと、他人の意見に振り回されず自身の意見を通す推進力の強さが垣間見れました。だからこそ、女性だから等の世間の意見に振り回されず英国史上初の女性首相に就任することができたのです!

しかしその一方で人生山あり谷あり、葛藤もあり、我々は見ているのは華やかな一面しかありませんが、人間なので、いろいろあるのです。この映画ではその葛藤を、老いて痴呆症となった現在から過去を思い出すというストーリー展開です。映画なのでおもしろおかしく加工されているところもありますが、人生とはなんぞや?という問いに正面から取り組んだ映画ではないかと、感じます。

 

マーガレットサッチャーの功績 by Wikipedia

0 件のコメント: