2012年5月6日日曜日

[書評]入社1年目の教科書 岩瀬大輔 : 自身の軸に基づいたHow to 本

去年の5月に発売されたのが入社1年目の教科書 By 岩瀬大輔氏。

最近、経営者は何を基軸にして決断しているのか? という問いに対する答えを見つけられるかと思い様々な企業経営者の本を読んでいる中でライフネットの副社長でもある岩瀬大輔氏の本も読みました。

岩瀬氏の志は本書ではかかれていないのですが、その軸から「頼まれたことは必ずやり切る」、「50点で構わないから早く出す」、「つまらない仕事はない」の倫理観を大切にされていてその結果として仕事で心がけていることの中で特に入社1年目に伝えたいことがかかれていました。私が特に惹かれたのはその集大成としてテレビ出演の際の事前準備の手法。なぜ異なる分野であっても的確に発言ができる人がいるのだろう、どのように取り組んでいるのだろうかと、疑問に思うことがしばしばありましたが、そのヒントになりました。詳細は本書を読んでいただくこととしまうが、周到な事前準備の大切さを再認識させられました。入社1年目だけでなく指導する人や仕事の方法にスパイスを加えたい人に読んでいただきたい本です。

0 件のコメント: