2012年1月1日日曜日

[書評]世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく



自分で考え行動し満足した結果を残す、「言うは易し行うは難し」ですよね。

世の中には不思議と苦もなくさらりと物事を進める人がいるものです。客観的にそのような人を見ていると、目の前のことにすぐに取り組んだりせず、よく考えてから行動を起こしているように思います。また、行動を起こしたら必ず最後までやり抜くところも、大きな特徴ではないか、と感じています。と人間観察をしたところで、本質的にどのように?という点が見えないところです。

世の中にはさまざまな書物が出回っています。でもほとんどがHow To本で真似ることしかできず、どのように考えてといった考え方にフォーカスした本が大変少なく、要は応用が効かないんですよね。

そんななかで出会ったのが世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく:渡辺 健介

冒頭に書かれているのですが、この本の目的は「考え抜く技術」と「考え抜き行動する癖」で、子供向けです。原因分析・目標設定、対処案の立て方(MECE, ロジックツリー)がビジネス用語を利用せず、身近(小学校)で発生する例に基づいて書かれているので自身の行動に移すことのハードルが大変低いと考えています。考え方に重きがおかれているので応用できる書籍なんですよね。この本はどのように考えたらより効率的に物事を進められるのかと考えられている方や行動に移すのが苦手な方におすすめです。また、ぜひ何か課題に取り組んでいるお子さんにも見せてあげると行動に移す手助けになるのではと思う書籍です。

0 件のコメント: