2011年5月2日月曜日

[書評] I am here.―「今」を意識に刻むメンタル術 (角川SSC新書) 宮里 藍

この宮里 藍 が等身大の自分自身を描いた本は、大変共感をもちました。スランプをどのように克服したかが鮮明に描かれているのですが、彼女が大変な心配性で同じポイントでスランプに陥ることが私自身も経験があったので参考になりました。

ミスをしても大袈裟に反応してはいけない。客観的に自分を振り返ることができるようになれば感情的になったり悔しかったり落胆することもなくなります。褒める人にサポートしてもらうことで元気をもらうことができます。また、息抜きが必要です。不安の招待は未来に対する漠然とした心配事。そのような心配に襲われたら、過去でもない。未来でもない。今に自分を置くこと、心を今この場所にとどめて自分のことだけを考えて集中することが大切と過去を振り返って説いています。何があっても動じない静かなプレーをすることに心がけ、冷静に、感情に流されず、勝負にこだわりを持ちすぎるよりも流れに任せてチャンスを待ち、好機が来たときにそれを逃さずにつかみとることが大切。自分がアクションをおこすより自分を信じてまつ事が大事。と、他プレイヤーの引用で説いています。謙虚で爽やか、常に挑戦者の気持ちでいるべきだ。頼れて優しいキャディ、周囲のサポートに感謝することを忘れてはいけない。


0 件のコメント: