2011年5月2日月曜日

分り易く、伝えるために、5W2Hを活用する。

会話をしていて分かりづらいということを言われることはありませんか?そんな人は、5W2H Who、When、Where、What、How、Why、How much を考慮しましょう。

いつ    When
どこで   Where
誰が    Who
何を    What
どうする  How
なぜ?   Why
いくらで  How Much

なお、自分でかんがえるときは、「なぜ」Whyで構成してよいですが、ひとにきくときは「どのような効果が?」とか、もうちょっとゆるく質問できるようになるといいですね。Whyで質問すると不思議と尋問されているように感じます。

0 件のコメント: