2011年2月7日月曜日

堂々と自信を持って接することの力

今日はいろいろとふと思うことを書いています。

堂々と自信を持って接することの力について。同じ仕事をしているのに、自信なさげに、下をむいて仕事をする人と、堂々と自信を持って仕事をする人がいます。実は仕事の質は前者の方が良いにもかかわらず、後者の人と仕事をしたいと感じてしまったりいます。

そう、人は相手の人間性を見て仕事をしたいかどうかを判断しているのです。

ふと、先日後輩とプレゼンを社外向けにしたのですが、堂々と話している姿を見て、そのように感じたのです。自分はもともとオドオドしてしまうタイプなのですが、これはマズイ、反省をしたわけです。

堂々と自信満々に過ごすためには
# 上をむいて
# ミスは当たり前のものと心がける
# 常に元気に、自信を奮い立たせる言葉を準備する ( 朝・昼・夜 いい続ける )
# 元気よく挨拶
# オドオドしていると感じたら、自信満々に俺はできると思い続ける

みなさんは、堂々と自信を持って接するためにどのような努力をしていますか?

自信+ヴィジョンがないと人を動かすこともできません・・と「人を動かす人」になるために知っておくべきことにかかれてました。

0 件のコメント: