2011年2月21日月曜日

[書評]誰からも「気がきく」と言われる45の習慣を読みました。

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣、本屋さんに山積みになっていたのを見て、ついつい手を伸ばしてしまいました。初対面のあいさつ、目上の人と話すとき、ちょっとした飲み会。「気がきくようになりたい!」と願う場面は誰にでもあります。「どうすればあの人みたいにできるの?」「なんで自分の気づかいは伝わらないの!?」と、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。そこで本書では、気配りのプロフェッショナルであるベテラン秘書が、「さりげない気づかい」で周囲の人から「感謝」や「信頼」を得る方法を全45項目で述べていきます。

この本の良さは、大変わかり易い点です。私が特に参考になったのは、「言葉より行動」、「我を押し付けない」と「TPOをわきまえる」「マネジメントしてもコントロールしない」「気疲れを癒す」方法。

私の良くないことは、気疲れを癒すことが上手に出来ていないため、たまに飲み会で飲み過ぎてしまうことと、ついつい他人の行動をコントロールしてしまおうと思ってしまうこと、なので、特にこれらの項目が興味をひきました。

飲み会で飲み過ぎないようにするためには、安定した日々を送っている必要があってそのためには気疲れを癒す方法を知っていなくてはいけないのですね!それが自分ではテニスとジョギング。ついつい飲み過ぎて聴く姿勢を失ってしまう。もう何年も繰り返していますが、もうそろそろどうにかしなくては、と思うところです。NLPもとりいれているのですが、なかかな。みなさんは、どのように習慣を改善していますか?また、気が利かない、と思われている人がいたら、ぜひ読んでみてくださいね!

0 件のコメント: