2011年2月7日月曜日

14th Japan Media Arts Festival 文化庁メディア芸術祭開催中

新しいアイディアを、14th Japan Media Aets Festival 文化庁メディア芸術祭が13日まで、メイン会場を国立新美術館、サテライト会場を東京ミッドタウンとして開催されています。影を使ったアートであるとか、ipodを使った3Dアートであるとか、興味をそそるものがいくつかありました。まだ開催中ですのでご興味あれば、是非足を運んでみてください!

受賞作品展では、アート、アニメーション、映像、ゲーム、Web、マンガなど、49ヶ国・地域の2,645作品から選ばれた作品を約170点紹介します。受賞作品や審査員推薦作品を展示するほか、受賞者や審査委員をはじめ、海外フェスティバルのディレクターが出演するシンポジウムや、アーティストらが自身の作品について語るプレゼンテーションなどを実施。ソーシャルメディアを用いた情報発信やコミュニケーションも取り入れて、メディア芸術の「いま」を体感できるライブなフェスティバル。

<受賞作品概要>




<Ustream ライヴ>

Streaming Video by Ustream.TV

<個人的に面白かった作品>

エスパードミノ。無線を利用して、ドミノのように倒れていく。ゲームに応用が効きそうな作品です。


これはライトを使って影を操るゲーム。


風景を音に置き換えて感じられる作品。


ipadで3D表示。

<国立新美術館>

0 件のコメント: