2011年1月30日日曜日

あなたの脳は優秀ですか?「才能のある人」はここが違う?

今月のCOURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 03月号 [雑誌]の特集は「才能のある人」はここが違う? でした。

才能の形成についてはまだまだ学説も多く、今回の特集でもいくつかの説をあげています。DNAや遺伝子に依存するという考え方。文化的(何にそのコミュニティが興味があるのか) 、1万時間の法則(どれだけ時間をかけて戦略的に学習するか) 、脳を常に活性化させる などなどです。

我々、すでに生まれているので、DNAや遺伝子についてはどうしょうもないので、できることは、1万時間の法則(どれだけ時間をかけて戦略的に学習するか) 、脳を常に活性化させる だと思うわけです。

脳を活性化するための方法も書かれてましたが、現実的なのはPlay an instrument(パフォーマンス、スピーチや言語、記憶、IQや共感の能力が向上)、ブルーベリーを食べる(記憶力向上と縮退から守る)、適度なジョギング(物覚えが良くなる)かと思うわけで、さっそく実行にうつしてみたいと思います。

みなさんのまわりで、この人、才能あるなーって思う人はどんな人ですか?
私が考える才能のある人は、10年先のことが頭の中にクリアに描かれていてその目標に向けて自分の意志を曲げずに徹底的に実現に取り組むような人です。あとはピンチをチャンスと捉えて結果を残せる人。

なお、今の貴方の知性をこちらでテストできるのでご参考あれ。

Memory tests ( 記憶力 ),Reasoning tests ( 論理力 ), Concentration tests ( 集中力 ) ,Planning tests ( 計画力 )の4つの観点から数値化され、自分自身がどの程度の能力を持っているのか、客観的に測定できます。ちなみに私は、Concentration tests ( 集中力 )が一番たかかったです。

クーリエジャポンの雑誌は世界のニュースから面白い内容をチョイスして日本語に変換して提供している雑誌ですので、世の中のトレンドを観るのに大変重宝しますので、もし興味があれば購読してみては?

0 件のコメント: