2011年1月11日火曜日

[書評]ホスピタリティとはなんなのか?空の上で本当にあった心温まる物語:三枝 理枝子



新年もあっというまに10日が過ぎ去ってしまいました!ボケッとしているとあっと一年が過ぎ去ってしまいます!一日一日後悔の無いようにしましょう!

さてさて、ANA好きの私が、さらにANAの虜になってしまった本、空の上で本当にあった心温まる物語のご紹介です!



飛行機を利用する人はひとそれぞれです。出張でもう飽きた、という人もいれば、新婚旅行、家族旅行、まさに、いろいろな人がいろいろな目的で利用するわけです。その日々の業務の中で元CAが出会った心うたれる奇跡のような出来事が書かれた本が、この空の上で本当にあった心温まる物語です。出会いや真心による思い切った行動がもたらす感動が凝縮されているこの本は、震えるような感激を得るとともに、自己中心的ではなく相手のために行動をどうすればいいんだろう、どうしたらANAのように常に温かいおもてなしの心で仕事ができるのだろうか、と考える切っ掛けとなりました。

どうしても仕事というと与えられた仕事に重きを置かれがちですが、おもてなし、ホスピタリティという観点を少し考えてみてはいかがですか?

一人一人をよく見て今何を求めているのか、今何を困っているのか、何が自分でできるのか、どのように行動へ移したらいいのか、見つめてみては、いかがでしょう?

0 件のコメント: