2011年1月3日月曜日

2011年はどんな世の中に

2011年はどんな世の中になるのでしょう?
年末年始になりますと、どこの雑誌も2011年はいったいどうなるの記事が連載されています。

1冊の雑誌だけを読むと偏るのでいろいろな雑誌をよんでいろいろな観点で2011年を予測してみましょう!

私の購入した雑誌は下記の通り。まだ読み込めてないのですが、明日までにはなんとか!

# The ECONOMIST, The World in 2011

ホームページのリンクをつけてますが、雑誌を購入することを強くおすすめします。The Economistは毎週発行している雑誌で、The World in 2011は別紙扱いです。リベラル的な観点から世界の動きを的確に描写しています。日本のメディアや雑誌は日本に偏るので、世の中の動きを読み解くのに非常に参考になります。 外国の人と仕事をする方は、話題作りにも必要かと思います。また、The Economistを読むと質の高い英語語彙力の向上も目指せます。The Economistの良さについては、The Economist - 最強のビジネス英語 -に宮田さんがまとめておりますのでご参考くださればと思います。

# COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 02月号 [雑誌]


クーリエジャポンはあるいみ、美味しいところどり。世界の雑誌やメディアからチョイスして日本語訳されているので、世界の動きを読み解くには良い雑誌かと思います。

# 週刊 ダイヤモンド 2011年 1/1号 [雑誌]


タイトルに惹かれて買いました。

# 週刊 東洋経済 2011年 1/1号 [雑誌]


タイトルに惹かれて買いました。

0 件のコメント: