2010年1月4日月曜日

ペリカンの万年筆が書きやすくて便利!ペリカン スタイル Pelikan Style

あけましておめでとうございます。

長期にわたって執筆がとどこおっておりましたが、今年からまた書き始めます。

しかし、ブログというのも、最初の立ち上げは良いのですが書き続けるのってとっても大変ですね。百式さんとかは、必ず毎日1回更新されており、人に優良なアイディアを提供しています。私も常に皆様、視聴者のみなさまの立場に立って情報を提供させていただきます。

さて、本日のタイトルどおり、今日は文具のご紹介です。

目黒駅の文具屋さんで目を引いたのがPelikan Styleの万年筆。私は何を隠そう、根っからの字が汚いで評判で、ついつい良さそうな文具に目を惹いてしまいます。



この、ペリカン スタイル Pelikan Styleの万年筆、万年筆というと高価というイメージがありますが、こちらは2,625円と、とってもリーズナブル。自宅で早速使ってみたのですがボールペンより書きやすい。そして、なぜか、見た目が良く見えるみたいです。恐らく、ボールペンとちがって書く角度によってインクの厚さが違うからです。なお、このペリカン、1832年ドイツ・ハノーバー家の宮廷画家を父に持つ科学者カール・ホーネマンが、ハノーバー・シュタインフーデ湖の工房で、独自の製造法により絵の具の生産を開始したのがペリカンの始まりという、とぉっても歴史あるものなのです。

みなさんも、新年ですし、心機一転新しい文具を取り揃えてみてはいかがでしょうか?


なお、添付されているのは青のインク1本なので、必要に応じてカートリッジも購入する必要があります。

0 件のコメント: