2009年6月21日日曜日

6/30にPMBOK(A Guide to the Project Management Body of Knowledge)の第4版 公式日本語翻訳版が発売!

PMBOK
とは、アメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が策定した、モダンプロジェクトマネジメントの知識体系。「A Guide to the Project Management Body of Knowledge
」という書籍にまとめられており、事実上の標準として世界中で広く受け入れられている。PMBOKは4年ごと、ちょうどオリンピックの開催年に改定されている。




プロジェクトマネジメントは1950年代後半に米国防総省が大規模プロジェクトを管理するためにマネジメント手法を体系化したのが始まりとされる。従来の「QCD」(品質・コスト・納期)の3つに着目したマネジメント手法と区別して、「モダンプロジェクトマネジメント」と呼ばれることもある。PMBOKは、プロジェクトマネジメントの遂行に必要な基本的な知識を汎用的な形で体系立てて整理したものである。
PMBOKでは、プロジェクトを遂行する際に、スコープ(プロジェクトの目的と範囲)、時間、コスト、品質、人的資源、コミュニケーション、リスク、調達、統合管理の9つの観点(「知識エリア」と呼ばれている)でマネジメントを行なう必要があるとしている。適用分野(業界)を超えた標準知識体系を定めることによって、プロジェクトマネジメントの共通概念・用語を設定している。
PMIではPMBOKに準拠した国際的な認定制度「PMP」(Project Management Professional)を展開しており、日本でもPMP取得者が年々増加している。

そのPMBOKの最新バージョンが発売されます。

また少し、新しい情報が盛り込まれてます!プロジェクトをマネージメントする立場の方はぜひ一度お読みになることをお進めします!

0 件のコメント: