2007年10月21日日曜日

プロジェクトマネジメント関連書籍

さてさて、最近プロジェクトマネジメント関連の書籍をまとめてみました。

プロジェクトは日々複雑化しておりますので、いろいろな情報を勉強することは、大切だと感じています。



<分かりやすいプロジェクトマネージメント系>
世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント
世界中のプロジェクト・マネジメントのプロが推薦する本格的入門書の決定版。あらゆる事態を乗り越えてプロジェクトを成功させる具体的ノウハウやツールが満載。優秀なプロジェクト・マネジャーとしてチームをまとめていくアイデアを実践的に提供しています。


はじめてのプロジェクトマネジメント 日経文庫
本書は、若手のプロジェクトマネジャーとチームメンバーを対象に、「プロジェクトを失敗させないために、いつ、何を考え、何を実行すればよいのか」を解説する入門書です。数多くのプロジェクトの立て直しを経験したなかで著者が見出した「プロジェクト成功の方法論」を、発足から振り返りまで順を追って丁寧に解説します。プロジェクトの成功・失敗の分岐点となる10の場面を取り上げ、「シナリオ」(ドラマ形式で状況を把握)→「解説」(その場面でどう考え、何をするべきか?)→「Step Up Point!」(陥りやすい問題点をどう回避するか?)の3ステップで、問題の本質をリアルに解き明かします。

<実践に役立つプロジェクトマネージメント系>
実務で役立つWBS入門 (プロジェクトマネジメントマガジン)
プロジェクトにおける一連の作業を分解し構造化する手法「ワーク・ブレークダウン・ストラクチャ(WBS)」を、入門者にも理解できるよう丁寧に解説する。WBSは1960年代に登場した概念で、特に新しいものではない。しかし、実務に使われ出したのは最近。著者が指摘するように、「ほとんどの人が、WBSの作成や利用における約束をきちんと理解していない」。例えば、ある作業を複数のサブプロジェクトに分解する際、元の作業を100%網羅するよう設計する「100%ルール」などの原則が守られていないとする。40年以上にわたって、米国政府や民間のシステム開発プロジェクトを指揮してきた経験に基づく指摘だけに説得力がある。

CD‐ROM付 目標を突破する 実践プロジェクトマネジメント
大手企業、各地方自治体で続々採用! 現場で使える「プロジェクトマネジメント」のノウハウが一冊に凝縮されました。「納期が遅れる6つの理由」をはじめ、多くのプロジェクトに共通する問題点を提示、独自の手法によってこれらの問題を解決に導くまでを、図やイラストを豊富に使ってオールカラーで解説しています。
徹夜、寝袋、乱雑な机、いつまでも終わらない仕事......。「こんな毎日はもういやだ!」と思っているあなたに、本書と特別付録CD-ROM(30日限定・工程管理ソフト)をおすすめします。

先制型プロジェクト・マネジメント―なぜ、あなたのプロジェクトは失敗するのか
プロジェクト管理には、成功につながる「正解」が存在する。プロジェクト管理を強化すれば、プロジェクトは成功する。詳細なプランを用意すれば、プロジェクトの成功が約束される。そんな常識があなたのプロジェクトを失敗へと誘う。プロジェクト・マネジメントに関する誤解を完全打破し、プロジェクトの現場で、今すぐ、適用可能な実用スキルとツールがこの一冊に。

0 件のコメント: