2014年3月9日日曜日

見える化の重要性 節約/貯金/投資によって生活を豊かに 家計簿を自分でつけず、オンラインサービスで自動記録

早くも3月に突入。今年も2ヶ月がすぎました。 

今年こそは節約を!貯金を!投資を!

と目標を掲げた人もおおいのではないでしょうか? 

つくづく、継続は力なり、ことわざの重要性を再認識するところです。

 節約、貯蓄、投資にせよ、家計簿により現状を把握すること、 常に最新の状況を継続して確認していくことが、その後の最良な判断/打ち手をする上で 重要な資料となります。

 節約と貯蓄=収入ー経費、投資原資も当然=収入ー経費となるからです。 

しかしながら実際にはなかなか継続てきないところです。 私もその一人で家計簿も何度もつけようと思いますが、なかなか・・・続きません。 

そんな私でも実は6ヶ月以上、現在は家計簿をつけています。

といっても自分でつけるのではなく、オンラインのサービスを活用しています。 本日はどのようにしたら誰でも簡単に継続して家計簿をつけられるのか、 ご紹介したいと思います。

『自分で入力するのではなく勝手に記録される仕組みをつくる』

 その1 できる限りの支払いをクレジットカードで行う



クレジットカードで支払えば大雑把ですがどのような目的で利用できたかが、
記録されます。

その2 マネーフォワードという家計簿の活用


この家計簿は優れものです。銀行/クレジットカードなどの情報を登録すると、自動的に家計簿に反映してくれるすばらしいシステムなのです。

現金で支払ったはその場でスマホ入力でもオッケー。
最初は手間がかかるので、できる限り記録しておけばオッケー。

月次の収支や資産状況がグラフ化され、わかりやすく表示されます。

これで毎月の支出/収入が見える化されます。

そもそも毎月お給料の中で生活できているか、正しく理解している人もすくないのではないでしょうか?

そのような人は、ぜひ試してみてください!

そして記録をしてみると、次にアクションを起こさないといけないのは、割合の大きなコストを見直すことです。

2014年3月3日月曜日

成果を出す人だけがやっている仕事の進め方とは?Globis スクーのウェブキャンパス

社内を動かす力 (グロービスの実感するMBA) (田久保善彦著、ダイヤモンド社刊­)を参考に成果を出す人だけがやっている仕事の進め方とは?について田久保氏が解説をされていました。

よくある世の中の本は個人の体験に基づきますがこの話は様々な成功者の統計を集めているものなので、我々自身が活用できる項目が多々あると思うのです。



・仕事の成果=戦略・プランx実行力
・結果を出している人は?
  パワー基盤を作る
   信頼残高を増やす
   人脈を作る(社内/社外)
   根回し ヘルシー根回し(健全な根回し)

・プランを構築
  目的・ゴールの明確化
  期限・予算の策定
  メンバーの選定とアサイン
  進め方の詳細設定

・絵に描いたもちにならないように
  ・動画イメージのわく動くプランを作る
    誰が案件に関わっていて、その人たちは
    どんなタイプでその人たちによって何が
    いつまでにできそうか?/人の力量を知っておく
   ・会社のミッション/ビジョンへの整合性
   ・やることとやらないことを決めておく
   ・マイルストーンを作ってほめる
   ・リスク検討
   ・状況に応じてプランを変える

 ・スモールウインを積み重ねる
   ・最も悪い状況に対処
   ・最も簡単に改善できそうなところ
   ・最も困っている人
   ・もっとも広める価値のあるもの

 ・成果を賞賛する
   できる(CAN)からやりたい(WANT)、楽しみに(ENJOY)

 ・共に戦う仲間を作る
   頭のいい人を仲間にするのではなく絶対に裏切らない友をどれだけ多く
   作るかにかかっている。

 ・参加メンバを巻き込む
   自らの想いを伝え態度で見せる。それを各メンバが皆に伝えられる

 ・実行を継続する
   コミュニケーション
    聞くことと話す側のギャップを理解する
    相手との前提が異なっている
    ストーリーを語る
    感情を芽生えさせる
    回数
    見える化

 ・自ら成長し続ける
   Do your Best!
   ロールモデルを頭に描く
   メンターを持つ
   振り返る時間を持つ
   身の回りから学ぶ
   学び方を学ぶ
   集団での成長を意識


2014年3月1日土曜日

意外に安いようです 宅配のクリーニングサービスの方が店舗でのクリーニングより安いという事実

1月のがっちりマンデーでリブセンスの社長 村上 太一氏が紹介し、自身も利用しているといっていた宅配のクリーニングサービス リネット 

想像するに、店舗のメリットはスピードと値段、一方で宅配クリーニングのメリットはいつでも発送できると思われがちですが、例えば1ヶ月分のワイシャツを一度にクリーニングすることを考えると、

店舗   180円x20=3600円
リネット 315円+158x20=3460円

と、実はリネットの方が値段も安くなります。3000円以上が送料無料であるからなので、毎週のクリーニングが必要名場合は店舗の方が良いのですが、まとまれば宅配の方が安くなるからです。

実店舗の場合には店舗維持に伴う土地代や人件費が発生し、宅配の場合にはその代わり送料が発生するわけですが、数が多ければ宅配の方が利便性が上回るようになってきます。世の中はさらにオンラインネットに進むのでしょうか?


2014年2月24日月曜日

TEDで日本語と英語の併用 同時 表記で英語のリスニングの勉強と語彙力強化 TOEIC TOEFL対策

TEDのサイトだと、日本語と英語を両方表示することができません。

 iPadのアプリなどで併用表記がありますが、Webでもそのようなサイトがあります。 

本日はその中から面白いスピーチを集めてみました。 

興味のある分野でないとなかなか聞くのは大変です。ぜひ1つでも興味のある動画を見つけることができたら幸いです。

トーマス・スウォレズ: 12歳のiPhoneアプリ開発者
12歳の子の多くはビデオゲームで遊ぶのが好きですが、トーマス・スウォレズの場合はゲームの作り方を学びました。モグラたたきゲーム「バスティン・ジーバー」のようなiPhoneアプリを作ったあと、彼はそのスキルを生かして他の子どもたちが開発者になる手助けをしています。

 デレク・シヴァーズ: 社会運動はどうやって起こすか
デレク・シヴァーズが、ある驚くべき映像の助けを借りながら、社会的な運動というものが実際にはどのように起きるものであるかを解説しています。(ヒント: 2人必要。)

ジャック・アンドレイカ: 有望な膵臓がん検査 ― ティーンエージャーが開発
85%以上もの膵臓がんが2%未満の生存率しかない手遅れの状態で発見されます。なぜこんなことになるのか? ジャック・アンドレイカが、膵臓がんの早期発見を可能にする有望な方法を開発した過程を語ります。超安価、効果的、かつ侵襲性の低い方法を、なんと16歳の誕生日を迎える前に作り出しました。

ボー・ロット&エイミー・オトゥール: 科学は万人のもの
科学と遊びに共通するものは何でしょう? 神経科学者のボー・ロットは、(子どもも含む)すべての人が科学に取り組み、発見プロセスを通じて認識を変えるべきだと考えています。12歳のエイミー・オトゥールもこれには同意見です。彼女は25人のクラスメートと共にブラックオウトン・ミツバチ・プロジェクトを遂行し、学童による初の査読付き論文を生むことになりました。「昔々あるところに・・・」で始まる論文です。

トレイシー・シュヴァリエ: 絵画に見つける物語
トレイシー・シュヴァリエは絵画を観る時、その背景に物語を作ります。画家とモデルはどのように出会ったのだろう?彼女の目は一体何を語っているのだろう?そしてこの男はどうしてこんなに赤くなっているの?ベストセラーとなった小説「真珠の耳飾りの少女」の作者が3枚の絵から紡ぎ出した物語を皆さんにお聴かせします。

ウィリアム・ユーリー: ノーからイエスへの歩み
「ハーバード流交渉術」の著者ウィリアム・ユーリーが、家族のもめ事から中東問題まで最も困難な状況でも合意を形成する簡単ではないけれど的確で単純な方法を提案します。

エリック・デイシュマン: チームで運営するヘルス・ケア
エリック・デイシュマンは大学生の頃、医師たちから余命2・3年であるという宣告を受けました。今や大昔の話です。新しい診断と後に受けた腎臓移植によって、デイシュマンは自身の経験と専門性を武器に最先端の医療技術スペシャリストに転身しました。治療チームの中心に患者を位置付けるヘルス・ケアを再構築するという大胆なアイディアを紹介します。

シェリル・サンドバーグ: 何故女性のリーダーは少ないのか
Facebook COO のシェリル・サンドバーグが、男性と比べて低い割合の女性しか職場でトップまでたどり着けない理由に目を向け、経営幹部を目指している女性に3つの強力なアドバイスを与えます。

シェリルサンドバーグはこちらもおすすめ学生の卒業式での贈る言葉

2014年2月23日日曜日

飛ぶように売れる!奇跡の酒 純米大吟醸酒 獺祭 powered by 山口県 旭酒造 カンブリア宮殿 セグメンテーション/ターゲッティング

おいしい!
はじめて獺祭(だっさい)を神楽坂のかも蔵という、さまざまな日本酒を取り扱っているお店で飲みました。




様々な種類があるのですが、せっかくなので磨き二割三分、つまり、お米を23%まで削って製造したものを飲みました。何が違うかというと、雑味のない、透き通った味。

すごく飲みやすくて毎日飲みたい!と感じますが、、、もはや、、、どこにもうっていない、、、。

今や大変人気の獺祭(だっさい)ですが、少し前までは倉の存続が危ぶまれていた時期もあったとか。

先日カンブリア宮殿でも放送がありました。


 

何をかえたのか。とことんおいしさにこだわったこと、そして知らなかったのですがそれまでは酒蔵は冬につくり夏は製造しないことがおおいようなのですが、これを1年中の製造にかえたそうです。

具体的には、酒蔵は杜氏を雇い、日本酒の醸造工程を任せることが多かったのですが、杜氏が辞めて自社で管理する必要がでたことを機会に、電子機器のサポートを得ながら自社での運営に成功したからです。一方、大手のように大量製造/安くするのではなく、おいしさを重要視しています。システム化と通年製造で価格も安く押さえられています。



Powered by Ayapon RSS! オススメ BBクリーム チャレンジバルーン