2015年1月30日金曜日

カンブリア宮殿 知られざる巨大塗料メーカー 関西ペイント社長 石野 博 氏登場

わたしも知りませんでしたが、日本で一番の塗装メーカーは関西ペイント。

社長の石野氏がカンブリア宮殿に登場しました。三菱商事出身。2003年関西ペイントに入社。2014年に4月に社長に就任されています。

車体向けの塗装の売上げがほぼ半分であったが、リーマンショック後の車販売の減少をきっかけにして、建物塗装などの分野にも積極的に参加するように。海外展開も意欲的に行っているとのこと。グローバルでみると塗装ペンキは米国2社の市場が圧倒的。あと5年で独占化されてしまう危機感から、南アフリカなどの発展途上国を中心に販路を広げている。

このグローバルビジネスのやり方が他社と異なる。たとえば南アフリカの支店には、日本人が誰もいない。現地にすべてのやり方を任せている。ただし、年に数回グローバル支店の社長を集めて実行していることをシェアしてよいところを他の支店でも生かしている。

結果、2009年度 2200億の売上げ、純利益 118億の純利益であったものが、2013年度売上げでは3200億の売上げ、純利益215億となっています。

グローバル展開では、現地での衝突がつきもの。1つの手法として現地に完全にまかせてしまう、というのもアイデアの1つではないでしょうか?


2015年1月27日火曜日

食費の節約にiPhoneやAndroidのスマホを活用。スーパーのちらしをまとめて確認。チラシルが便利。

いつどこのお店で買うのが一番お得か、一目でわかるアプリ、チラシル...をご存じでしょうか?



我が家のまわりには5店舗くらいスーパーがありますが、どこでどんな特売があるのかがわからないので、結局必要な時に高く買ってしまうことも。

そんな無駄遣いを抑制してくれるのが、チラシル...です。

自分の家の近くのスーパーを事前に登録しておくと、その日の特売情報などをわかりやすく表示してくれます。

わたしがよく利用しているのは卵を買うとき。1個15円以下で購入することを心がけているのですが、ぱっと見るだけですぐいつ買えばいいかわかるので便利です。おかげで食費の節約になりました。

スマホにアプリを入れるだけなのでとても簡単です。ぜひためしてみてください。

チラシル...

書評 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 戸塚隆将

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

ゴールドマン・サックスに新卒で入社し徹底的に鍛えられ、その後ハーバードに留学しMBAを取得後、マッキンゼーでコンサルとして活躍した著者が、それぞれの現場の上司や先輩、優秀な同期から学んだ、世界でも通用する、一生成長し続けるための「仕事の基本」

この本は経営コンサルタントとして仕事に就いている人は持っているであるであろう仕事の取り組み方のHow toを具体的に48項目にわたり記載しています。

既にコンサルタントとして仕事をしている人は自分自身の行動に活かせる点を、コンサルタント外の仕事をされている方は経営者目線で考えるためのHow Toを学ぶためによい本だとおもいます。

・人とのつながりを大切にする
・自分磨きを一生継続する
・日々の成果出しに強くこだわる
・世界的な視野を常に意識する

の4項目にわけて分類されています。


世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

テニスの錦織圭が全豪オープンでベスト8に進出。グランドスラム4大大会を体験。 強さの秘訣は心技体。強い心・精神力が大切。

錦織圭選手が全豪オープンでベスト8に進出しました。

 そもそもテニスの試合では、グランドスラムとよばれる4大大会があり、この試合で勝つ場合のポイントが一番大きいです。

日本で開催されるジャパンカップはその下のグレードです。

 グランドスラムは、全豪(オーストラリア・メルボルン)、全仏(フランス・パリ)、全英(イギリス・ウインブルドン)、全米(アメリカ・ニューヨーク)という流れで行われます。 

意外とおもわれるかもしれませんが、準々決勝や決勝でない限りは、さほど難しくなくチケットが購入できますので機会があればぜひ行ってみてください。 

なお、参考に
たとえば全豪

メルボルーンの市内が試合会場。

試合会場の近くではいろいろなイベントが。

ちょっと郊外にいけばCHANDONなどのワイナリーめぐりなども



ウインブルドン
一回戦などですと、身近で観戦ができます。

ジャスをききながらシャンパンとストロベリークリームをたべるのが定番。


ぜひ行ってみてください。

最近躍進を続ける錦織圭選手ですが、急にTOPに出てきた印象がありますよね。上記は2008年なので、4大大会にはずいぶん前から参加しています。

きっかけはマイケルチャン選手をコーチにつけてから。私が考えるに、スポーツについては、心技体という言葉をよく利用します。技術がよくても、体がついていけなかったり心がついていけないと、勝てない、という意味です。錦織圭選手は最初の頃は怪我が多かったです。そして怪我が少なくなり、精神的にも強くなりました。その精神の強さをマイケルチャンコーチから学んだのだと思います。以前有明でのチャリティーマッチでマイケルチャンと錦織圭との対談の際、フェデラーとの決戦の前の錦織圭選手の何気ない「彼は偉大な選手で昔から私のあこがれの選手なのです」という言葉に対して「コートの外で誰かを尊敬するのはかまわない。コートの中に入ったらおまえは邪魔な存在なのだと言い切る決意が必要」と答えています。つまり、自分自身の考えが結果に大きく影響することを示しています。

これは仕事でも当てはまりますよね。技術がよいだけではうまくいきません。体力だけでも。精神的に力強いことも求められます。



錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考

2015年1月26日月曜日

WTI ウエスト・テキサス・インターミディエート 原油先物価格のチャート

WTI ウエスト・テキサス・インターミディエート 原油先物チャートです。

日足


週足


月足


(参考)米ドルと日本円の為替レート



本チャートはリアルタイム更新ではありません。
本情報を基に投資された場合でも、その結果については一切責任を負いかねます。